よくある質問

どうして佐藤・新渡戸記念寮と言うのですか?

北大の初代総長の佐藤昌介先生が中心となって、この寮ができたからです。佐藤先生は、Be Social, be gentleman(人と交われ、紳士たれ)をモットーとし、寮生は日常生活を通じてこのような態度を身に付けました。新渡戸先生は、少年時代からの佐藤先生の協力者で、寮生にも大きな影響を与えました。1999年に岩手県の一部補助で改築されたのを期に、お二人を記念してこう呼ぶことにしました。

財団法人巌鷲寮って何ですか?

今から80年以上も前に、岩手県・青森県出身の北大の先生方が寄付を集めて作った公益法人です。この財団が所有する寮は、もともとの名を巌鷲寮(がんじゅりょう)と言い、創立のときから日本でもトップクラスのすばらしい学生寮として有名でした。財団の役員はすべてボランティアで、長い年月の間、若い学生たちの生活を支援してきました。

寮生活で何か良いことがありますか?

大学生活では教室の授業だけではなく、日常生活を通じての仲間同士の触れあいがとても大事なのです。寮で暮らした経験は一生の宝だと寮の出身者たちは言っています。

この寮の長所は何ですか?

独立性の高い個室と快適な環境の共用部分が調和し一体化しています。個人のプライバシーを保ちつつ、いつでも仲間と一緒に過ごすことができるようになっています。談話室と食堂は公園に面しており、余裕と潤いのある環境が保たれています。

寮はうるさくて勉強できないと聞きますが?

最近、学生寮も大分変わってきて、静かで清潔になってきているようです。特にこの寮は、個室の設備が完備していますので、他から邪魔されずに勉強できます。

北海道の冬は寒くないですか?

確かに寒いのですが、建物の中に入るとポカポカと暖かく、本州の冬よりむしろ快適です。特にこの建物は、ヨーロッパや北米の基準で作られた寒冷地向けの建物です。24時間の自動調整式の集中暖房で、どの場所も適温が保たれています。寒さの心配は全くありません。また、いつでもお湯が使えます。



シェア (Share)